ポーカーのハンドランキングを解説

ポーカーのハンドランキングを解説

ポーカーに勝つにはまずハンドのランキングを覚えることが大事です。

また、それぞれのハンドの確率を学んで、他のプレーヤーよりも優位に立てるようにしていきましょう!

ポーカーのハンドランキングとは

ポーカーのハンドランキングとは、どのカードの組み合わせがゲームで有利かを判断するために、様々な種類の手札の相対的な強さを分類するリストのことです。

プレイ内での判断材料として重要な役割を果たすゲームの基盤となっており、本気で勝率を上げたいのであれば、必ず押さえておかねばならない基本中の基本です。

ポーカーハンドランキング

1.    ロイヤルフラッシュ

ポーカーのハンドランクでは、ロイヤルフラッシュが最高の手札とされています。10、ジャック、クイーン、キング、エースの同じスーツの5枚の連続したカードです。649,737回に1回の確率で現れます。

2.    ストレートフラッシュ

ロイヤルフラッシュ以外の同一スーツの連続した5枚のカードがストレートフラッシュです。ロイヤルフラッシュか、より高位のカードを含む他のストレートフラッシュにしか勝てません。72,193回に1回の確率で現れます。

3.    フォーオブアカインド

同じ数の4枚のカードで、日本ではフォーカードとも呼ばれています。4,164回に1回の確率で現れます。

4.    フルハウス

3つの異なるスーツの同じランクのカード(スリーカード)と、2つの異なるスーツの同じランクのカードのペアからなるハンドです。複数のプレイヤーがフルハウスを持っている場合、スリーカードの数が多い方が勝ちとなります。693回に1回の確率で現れます。

5.    フラッシュ

全て同じ絵柄の5枚のカードで、より大きい数字が入っているほど強いハンドです。508回に1回の確率で現れます。

6.    ストレート

複数のスーツで構成された数字の連続した5枚のカードです。エースは通常、ハイ(キング以上)かロー(2以下)のどちらかになりますが、同じハンドで両方になることはありません。253回に1回の確率で現れます。

7.    スリーオブアカインド

3種類のスーツで同じランクのカードが3枚と、ペアになっていない2枚のカードで構成されているハンドです。日本ではスリーカードとも呼ばれます。46回に1回の確率で現れます。

8.    ツーペア

同じランクの2枚のカードの異なる2組のセットで、数字が大きいほど強いです。20回に1回の確率で現れます。

9.    ペア

異なるスーツで同じランクのカードのペアで、数字が大きいほど強いです。他の3枚のカードは「キッカー」と呼ばれています。1.36回に1回の確率で現れます。

10. ハイカード

マッチするカードがないハンドのことで、日本では「ブタ」とも呼ばれています。0.99回に1回の確率で現れます。

ポーカーのスーツとは?

スーツとはトランプのマークのことです。カードのデッキは「スペード」「ハート」「ダイヤ」「クラブ」の4つのマークに分かれていますが、ポーカーではすべてのカードのマークは同じ価値を持っています。2人のプレイヤーが同じハンドを持っていても、キッカー(プレイしている手札に含まれないカード)の多いプレイヤーが勝者となります。キッカーも同じであれば、単純にポットを分けることになります。

ただし、例えばハイローゲームで他のプレイヤーとハンドが同点になってしまい、不揃いのポットを分ける場合、残ったチップは最も高い順位のシングルカードを持っているプレイヤーに渡すことになります。このカードも同じであれば、スーツのランクが高いプレイヤーに渡すことに。このような稀なケースでは、スペードが一番高く、クラブが一番低くなります。しかし、一般的にポーカーではスーツは無視してよいものとなっています。

よくある質問

ポーカーのベストハンドは?

最も強いハンドは「ロイヤルフラッシュ」です。同じスーツのエース、キング、クイーン、ジャック、10で構成されています。

ポーカーのワーストハンドは?

ポーカーの最悪のハンドはハイカードです。最も低いハイカード5枚のポーカーハンド(エースがハイの場合)は、フラッシュが存在しない2、3、4、5、7です。

ポーカーのハンドの数はいくつある?

ポーカーのハンドは10種類あります。